突然であるが、これから暫くの間、ブログの更新を〈特筆すべきことがあった日〉に限定しようと思う。

 このブログでは当初から、毎日書くことを目標の1つにしていた。学生時代の先輩からそうすべきだと勧められたのが理由である。100%毎日という目標は、それからほんの2週間程度で飲み会により潰えることになるが、それでも、なるべく毎日更新するように努めてきたのは事実である。ちなみに、先輩のほうは、僕がブログを始める以前から毎日欠かさず記事を書くというのを続けている。こちらは飲み会があろうと途切れることなく、本当に毎日続いている。驚嘆すべきという以外に言葉が見つからない。

 ともあれ、なるべく毎日更新するというのを目指してブログを続けてきたわけであるが、ここへ来て、もうどうにも書く気力が湧かなくなってしまった。もとより、僕は日々刺激的な生活を送っている人間でもなければ、知識欲に溢れ情報収集に余念がないといったヤリ手教養人でも何でもない。実に浅薄な人間である。そんな人間が、身の上に起きた出来事を日々悉く書き出せば、あっという間にネタが尽きるのは必定であった。おっと、些か自虐が過ぎたかもしれない。ともあれ、今の僕には、書きたいことが何もないのである。

 それにもかかわらず、毎日ブログを書くことにこだわり、とにもかくにも何か出さねばと急くのは、空っぽの胃に向かって手を突っ込み、結果胃酸を吐き散らすようなものである。無残極まりない。ならば潔く、当面の間、書きたい時以外は書かないという方式に切り替えてみよう。そう思い立った。

 2つほど解いておくべき誤解がある。まず、僕は決して身体に不調を来しているわけでも、気力がすっかり萎えてしまったわけでもないということをちゃんと言っておきたい。僕は元気びんびんで、仕事だってちゃんとしているし、週末に迫ったリレーマラソンを前に気持ちもだんだん昂っているところである。僕が言いたいのは、ただ、今のところコンスタントに文章を書こうという気持ちがしぼんでいるということだ。そのことと、僕の健康とは、全く別個の問題である。

 そしてもう1つ。書きたいと思うことが出てきた時は、今まで通り書くつもりだということもお伝えしたい。ここにしたためたのは、絶筆宣言などではない。つまるところ、自分の気持ちに素直に従ってみようと思うというだけのことである。もしかしたら、そのうちまた、あれこれバババと書きたくなる日が来るかもしれない。そうなればまた、毎日バババと書き進めようと思う。ただ、今はそういう気分ではないということだ。

 これ以上書き続けると、僕の言葉はますます鋭くなるし、読んでいる皆さまは気圧されて不愉快な思いをするだろうから、ここで筆を置くことにする。言いたいことは全て言い切った。ならば余計なことは書かぬが吉である。