特筆すべきこと無し。少々苛立ち気味。夜になり、それを反省す。