読書会哲学カフェ部の活動があり、10時半過ぎから中崎町にある貸しカフェで「あきらめる」をテーマに2時間ほど話し合った。哲学カフェに参加するのはかれこれ7度目になるが、今回の哲学カフェはその中でも特に学びの多い回になった。したがって、丁寧に振り返りをつけていこうと思うのだが、残念なことに、この日僕は疲れていて、その後のランチも含め活動時間は半日に満たなかったというのに、帰りの電車で寝過ごす始末であった。そのため、家に着いた後も、何をするでもなく布団でゴロンとすることを選んでしまった。

 幸いこの週末は3連休である。あと2日あれば元気も湧いてくるに相違ない。目の覚めた状態で、哲学カフェ「あきらめる」のことをゆっくり振り返ることにしたい。